環境方針

当社は創業以来、廃油の適正な処理を行い、リサイクルを推進して、この地域産業の産業廃棄物処理の担い手として取り組んでまいりました。

今後とも、廃棄物のリサイクルなど各界の排出事業者様の信頼に応える処理を目指し、
排出事業者様や関連業界と連携・協力して、地域社会に貢献いたします。

  1. 1.環境保全活動を推進し、継続的な環境改善活動をおこない、汚染の予防に努めます。
  2. 2.環境関連の法律、規則、政令、条例等を遵守します。
  3. 3.環境目的・目標・を設定し、見直します。
  4. 4.本方針は、当社の社員だけでなく、協力者の方にも周知いたします。
  5. 5.本方針は、当社のホームページなどで、広く一般に公開します。

株式会社富士石油商会
 代表取締役
 高木 宏教

環境マネジメント

ISO14001の認証を取得し、環境マネジメントシステムの継続的改善に取り組んでいます。


環境についての
取り組み

弊社では、主要取引先の豊田ケミカルエンジニアリング株式会社様ご監修の安全教育『△KYトレーニング』を実施しています。

プロジェクトの名称 環境・安全△KYトレーニング(危険予知訓練)
目的 作業時の環境保全、自らの安全確保、お客様の円滑な業務進行の3点を守るため。
プロジェクトの詳細 【1】様々なシチュエーションの作業現場のイラストを見て、各々が感じ取った環境汚染や環境事故および自らの危険に繋がりうる箇所や状態に▲マークを記す。
【2】全員が自らの記した▲マークを発表しあう。
【3】いくつかの▲マークをピックアップして、改善案および対策を話し合って決める。
プロジェクトによる貢献のかたち 各々によって感じる度合いが異なる危険個所や不安全状態を、全員で共有することにより、
互いの感受性を高め合うことができる。
それにより1人で現場に立った際に今まで気づくことができなかったことに気づく力を育て、
環境の保全およびサービス向上に役立てることができる。